スーパーピグマリオン神戸・三宮教室

教室長のつぶやき

教室長のつぶやき

教室長のつぶやき(教室開校5年目を迎えて)

2020年7月24日 更新

夏

スーパーピグマリオン神戸本部・三宮教室は、今年7月で開校5年目を迎えます。

 

開校当初から幼児教室の存在意義を念頭におきつつ、幼児期の教育の必要性を考え、優秀な講師陣と共に優秀な子供たちの育成(考え学ぶ力の育成と何事にも諦めず努力する力の育成)に力を注ぎ教室運営をしてきました。

 

当教室は、開校当初からマンツーマンでの授業を展開し(基本保護者同伴)、保護者も子供の授業の進捗状況を見ながら講師のアドバイス等を家庭での学習の参考にしていただき、講師・保護者・教室が一体となり授業に取り組んでいます。

 

子供と一緒に保護者が学習に取り組むことは、子供の学習に大きな成果を生み出しています。

 

人間の「脳」の発達は、スキャモン成長曲線で表されている通り、12歳までにほぼ完成すると言われておりますが、脳が著しく成長している幼児期に、目先の成長や結果だけを目標とするのではなく、楽しく学び創造する力を養い、急がず慌てずじっくりと基礎学力の育成を図ることが大切です。

 

自ら探求する力を育成し、知性を正しく発達させ、子供にとって「一生ものの能力」を育む教育の推進を目的に、今後も保護者・講師・教室が一体となって楽しく学べる幼児教室を目標に運営をしてまいります。

 

また、今後世の中の状況が変化(災害やコロナウイルス等)しても、社会の変化に柔軟に対応し、自分で考え学び積極的に難問に取り組む「根っこ」のしっかりした子供の育成が幼児教育の使命と思っています。

 

私は開校当初から「教育は人なり」を教室の柱として、教室運営を行ってきました。

 

いくら素晴らしい教材(教科書)や教具があっても、教具・教材だけでは駄目、講師(指導者)と教具・教材は車の両輪と同じです。

 

それに携わる講師(指導者)が大切で、その両方が優れていなければ、子供たちに崇高な教育を提供することは出来ません。

 

スーパーピグマリオン神戸本部・三宮教室の講師陣は、子供たちの成長を信じ、自ら自分の道を切り開き活躍出来るよう、目の前の子供たちを信じ、期待を持って毎回の授業に真剣に取り組んでいます。

 

縁があり出会った子供たちの幸せな未来を信じ、今後も教室運営に全力を注いでまいります。

すいか


ランキングに参加しています。ポチっと押してください。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ